カードローンを正しく使おう!

カードローンを正しく使おう!

おすすめのローン会社

多重債務に陥ってしまって月々の返済が苦しくなっても大丈夫。

毎月の返済額が減って利息の負担も下がるおまとめローンが助けてくれます。

中央リテールの審査内容や評判

カードローンを生活に有効活用する

生活

今や日本人として社会生活を送っている人なら誰もが契約しているサービスとして、カードローンのサービスがあります。
カードローンを契約することによって得られるメリットにはさまざまなものがあり、特に一番大きな利点としては保証人無しでお金を借りれるというポイントです。

 

保証人を必要としない上に無担保でも借り入れができるため、資産を持たない方々や頼れる身寄りのいない人たちなどに重宝されています。

 

こういった保証人を必要としないローンサービスは、現代の不安定な社会では特に大きな魅力となるサービスなので、契約できる機会があればすぐにでもカードローンを契約することが大切です。

 

カードローンの魅力やメリットは担保や保証人を必要としないだけではなく、その利用用途の範囲の広さもメリットのひとつです。毎日の生活用品や食料などのちょっとした買い物や、電気代や電話代などの毎月の公共料金の支払い、パソコンや家電製品などの高額ショッピングの支払いなど、幅広い範囲で有効活用できます。

 

またカードローンを利用するメリットで現代社会で特に注目されている点は、インターネットで契約ができて借入れの申し込みもネットで簡単に申し込めるというポイントも、ネット社会ならではのメリットであるといえるでしょう。

 

このように契約し所有することによって、社会生活に大きな利便性を与えてくれるカードローンですが、今後もますますカードローンを利用するメリットが増していきます。

 

 

カードローンの活用例

 

サロンの契約で利用したカードローン

エステ

元々カードローンはあまり好きではありませんでした。支払いがあったことを忘れてしまって使いすぎてしまうような心配があったからです。

 

それでもカードローンにして良かったと思ったのが、サロンの契約でした。

 

そのサロンでは、半年ほどのコースを契約の時点で全額払わなくてはなりませんでした。万が一何かあった場合は解約や払い戻しの相談もできるのでその契約自体に心配はなかったのですが、一度に大金を払うのがなんだか怖くて、そのサロンで勧めるカードローンを利用することにしました。

 

毎月同じ金額引き落とされ、サロンの契約と同じ半年で終わるように設定しました。そのように設定すると、毎月お金を払ってサロンに通っているような状態で、自分の中でとてもわかりやすくなりました。

 

他のサロンでは契約の時点で全額払ってしまったものもあったのですが、そういう場合、時間が経つとただで通っているような気分になり、面倒だから今月はキャンセルしてしまおう、などと無駄なことをするようになってきます

 

実際、そのように感じている人が他にもいるようで、お金だけ払って最後の方は来なかった人から儲けを出している部分をあると聞いたことがあります。

 

サロンのほか、習い事の契約でも同じようなことがありそうです。一回でまとめて払うよりも月謝として払った方が、お金を払ってやっていると言う感覚を忘れずにその時間を大切にできるように思います。

 

ローン自体あまり使いたくないと考えている私でもこういう利用の仕方にはメリットがあるように感じました。

 

 

カードローンには注意点もあります

注意

カードローンは非常に便利なものですが、当然利用するにあたって注意点やデメリットというものも存在しています。それを知らずに使ってしまうと、失敗に繋がりかねません。ですから今回はそんなカードローンの注意点及びデメリットについて説明を加えて行きたいと思います。

 

まず、カードローンは便利だからこそどんどん気軽に使ってしまう傾向にあります。そうなってくると、どんどん金銭感覚が麻痺してしまう危険性も高くなるのです。簡単にいつでもお金を得る事ができるとなると、どうしても気が大きくなてしまう人が多く、その結果必要以上、返済能力以上のキャッシングというものをしてしまう人も多いです。

 

これらの事を避けるためにも、キャッシングをする際のルールを自分の中で定めたり、返済計画を先にたててからカードローンを利用するなど、そういった工夫をすると良いと言えるでしょう。そうする事で借り過ぎを回避する事が可能になります。

 

また、カードローンの返済方法は残高スライドリボルディングという、元本が減りにくい返済方法が多いです。元本を早く減らす事ができないと、利子がどんどんつきその分損をしてしまうというのもデメリットになります。余裕がある時には多めに返済をしたりといった工夫をきちんとして、損のない返済を心がけるように気をつけてみてください。

 

このようにカードローンにはデメリットや注意点もありますが、知っていればきちんと対処する事ができるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ